鍼灸について

初診時の症状:

【鍼灸についてさらに詳しく】③なぜ鍼灸が効くのか?根拠(研究について)

なぜ鍼灸は効くのか?根拠(研究について)

 

なぜ鍼灸は効くのでしょうか?

 

鍼灸刺激は自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用して、

その結果として、中枢性及び反射性の「筋緊張の緩和」、

「血液及びリンパ液循環の改善」等の作用があり、

ひいては、「生体の恒常性(病気を自然に回復させる作用)」に

働きかけるのではないかと考えられています。

 

 

鍼灸の3つの作用

 

大きく分けるとこの3つの作用があり、それらが身体症状を改善に導きます。

 

❶「自律神経調整機能

ツボを刺激することで、交感神経の過剰な緊張が緩和され、

筋肉内の血流が改善されます。また副交感神経も活発になり、

自律神経のバランスが整えられます

さらには、自律神経調整や血流改善の結果として

ホルモン分泌(内分泌系)を促進・安定させます。

 

➋「免疫作用

白血球数やリンパ球数が増加して、免疫力が高まり、

風邪をひきにくくなります。

 

❸「鎮痛作用

鍼灸をすることで、脳からモルヒネに似た成分が放出され、

痛みに対して麻酔のように作用します。

 

※以前より言われている「鎮痛効果」の根拠には次のようにいくつか説があります。

・ゲートコントロール…針刺激が脊髄において痛みを抑制する。

・エンドルフィン…針刺激がモルヒネ様鎮痛物質の遊離を促し痛みを抑制する。

・末梢神経の遮断効果…針刺激が末梢神経の痛みのインパルスを遮断する。

・経穴(ツボ)の針刺激による痛覚閾値の上昇による鎮痛効果。

・血液循環の改善…筋肉の緊張をゆるめ血行状態を良くする。

 

 

「はり」「自律神経の調節」「血流改善」についての数々の研究

 

「はり」「自律神経の調節」「血流改善」については、

下記のように様々な研究がなされています。

 

◆鍼の効果の本質 - 向ホメオスタシス効果   (公財)国際全人医療研究所代表理事
               国際学術大学院大学ビクトル・フランクル講座名誉教授
                            千代田国際クリニック院長
                                永田 勝太郎先生

 

◆健康と自律神経・血液循環の関係について       ドイツ・ボッフム大学永代教授
                                 北関東循環器病院
                                    南 和友先生


◆鍼治療の自律神経調節・抗ストレス作用、鎮痛作用   ウイスコンシン医科大学教授
                                クリニック徳院長
                                  高橋 徳先生

◆鍼刺激による血液循環改善作用の反射性メカニズム  東京都健康長寿医療センター研究所
                            自律神経機能研究室 研究部長
                                   堀田 晴美先生

◆世界で注目される「はりきゅう」               医療法人社団聡叡会
                          あすかクリニック紀尾井町院長
                  一般社団法人日本統合医療支援センター代表理事
                                  織田 聡先生

 

「鍼灸に期待される効果」厚生労働省

 

最後に厚生労働省の調査・研究から

「鍼灸に期待される効果」についてです。

  ・活動性の回復・向上 :疲労回復・体の軽さなど全身状態の改善、
              循環機能・呼吸機能などの改善
  ・ADL(日常生活動作)の向上 :腰痛・膝痛、その他の疼痛の改善
  ・転倒予防・活動範囲の拡大 :下肢の支持力・歩行状態の改善
  ・抵抗力・免疫力の向上 :食欲・胃腸症状の改善、栄養状態などの改善
  ・睡眠の質などの改善 :睡眠状態の改善、排尿・排便状態の改善
  ・抵抗力の向上 :T細胞系細胞数の増加、機能の活性化
  ・精神状態・うつ症状の改善 :気分の改善
  ・認知症・精神障害の予防と改善 :脳機能の改善                   

(厚生労働省・シルバー鍼灸マッサージ等調査研究及びその他の研究から)

 

上記のようなものが鍼灸に期待される効果に挙げられています。

 

最近では、世界的にも鍼灸が見直され、中国・韓国はもとより、

米国やヨーロッパ各地でも盛んに鍼灸が行われるようになりました。

また、鍼灸の効果の研究は、各地にある公的な研究機関、医科大学、

医療機関、鍼灸大学、などで意欲的に進められております。

近い将来、鍼灸の治療効果が科学的に明確に解明される日が期待されます。

 

参照:公益社団法人日本鍼灸師会「鍼灸のすすめ」「はりきゅっていきましょう!」

「科学も認めるはりのチカラ」「科学も認めるはりのチカラ2」

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

さらに詳しく知りたい方は、

こちらのページもお読みください。

 

「鍼灸についてさらに詳しく」

鍼灸の歴史

鍼灸が適応の症状とは?

③なぜ鍼灸が効くのか?根拠(研究について)

よくある質問