お知らせ(休診日など)

【新型コロナウイルス感染症】対策について

当院は下記の感染対策を徹底いたします

◎院内の換気、設備消毒の徹底

 院内の換気、受付テーブル椅子・施術ベッド・ドアノブ等のアルコール消毒を随時いたします

◎スタッフの健康管理(マスクの着用・体温測定)

 就業前の体調チェックを行っています

◎施術前・施術後の手洗いうがい・アルコール消毒の徹底

 施術者はもちろん、患者様にもご来院時の手洗い・うがいを推奨しております

◎完全個室・完全予約制

 第三者との接触を出来る限り避けるように予約を取らせていただきます

 

なぜ臨床を続けるのか?私の思い

 新型コロナウイルス感染症の急速な拡大に伴い、4月7日には緊急事態宣言が東京都を含む7都府県に出されました。緊急事態宣言以降は日本中が不要不急の外出を自粛する等、感染者数の急増を防ぐことに注力しています。このまま感染者数が急増して、仮に重症化患者も急増すると医療機関では人工呼吸器が足りなくなる等、ふだんなら助けられる命が助けられない事態になるおそれがあります。それは何としても避けなければなりません。

特にご高齢者と基礎疾患をお持ちの方は最大限に注意が必要です。

基礎疾患とは、
・循環器疾患
・糖尿病
・高血圧
・呼吸器疾患(COPD 等)
・透析を受けている
・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている         などが当てはまります。

 このような状況下で私自身、鍼灸院にて臨床を続けていていいものか正直悩みました。しかしながら、この緊急事態宣言下における鍼灸院の扱いについて、厚生労働省から「あはき業(はり・きゅう、あん摩マッサージ指圧)は停止業種に当たらない」との回答をいただいたと京都府鍼灸師会から通知がありました。

 このような状況においても変わらず、身体的・精神的な辛さを抱えていらっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。またこのような状況だからこそ不安が強くなっている方もいらっしゃいます。

 私は当院に来ていただく患者様に安心して施術を受けていただけるように感染症対を、そして鍼灸師として患者様と社会に健康管理の観点から貢献できるように最善を尽くします。

施術に当たっては、感染防止のために冒頭に記載したことを徹底いたします。

 また来院予定の方で発熱・倦怠感・咳・味覚臭覚の異常がある方は、お電話にてお知らせいただければ、ご予約の変更をさせていただきます。遠慮なくお申し付けください。
また下記に相談窓口先も記載させていただきます。

【厚生労働省】新型コロナウイルス感染症電話相談窓口
 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
 受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

【京都市】新型コロナウイルス感染症専用相談窓口
 電話番号:075-222-3421
 受付時間:24時間対応(土日・祝日も実施)

皆様のご理解・ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
この局面を皆様と共に乗り越えていけますように。

                     誠心堂にのみや鍼灸院 二宮健悟