「鍼灸」を知りたい!

四十肩・五十肩ちゃんと治ってる?

四十肩・五十肩でお困りの方、最新の正しい治療法をご存知でしょうか?

いつの間にか治っていたからもう大丈夫!と思っていませんか?

 ― 答えはNOです(^_^;) ―

【四十肩・五十肩を治すためには?】

治ったようには見えてますが、勝手には治らないのです。

四十肩・五十肩になると肩の内部では、

炎症→かさぶた状態→固まる(癒着)

ということが起きています。

だから放っておくと、
中で固まって肩関節の動きが制限されて
しまうのです。

また動きが出ているように見えて、
実は、他の体の部分が無理して動いている場合
あります。

これをトリックモーション(代償動作)
言ったりします。

しっかり治し切るには・・・
癒着を剥がすこと!!

ただし、そこは自己流ではなく専門家にご相談くださいね。

①急性期で今がとにかく痛い方に試してほしいこと

・寝るときに枕抱えて横向き(痛い側が上)で寝る
・仰向けで寝るなら痛い肩の下にタオル枕
・仕事中は肘の下に薄いタオル枕
・肩が熱ければアイシング。湿布など。
 ※熱いお風呂への入浴は避ける

②慢性期で1ヶ月以上たち、ズキズキ痛いわけではないけど、動かすと痛い方、あまり動かない方に試してほしいこと

・専門家による「癒着をはがす」治療
   +
・セルフストレッチ
・セルフマッサージ
   
・鍼灸による肩や関連筋肉の血流改善と緊張緩和

上記になります。

四十肩・五十肩には、どこのセルフストレッチやセルフマッサージが有効か?

それには、四十肩・五十肩の原因を把握しておく必要がありあます。

四十肩・五十肩の原因

猫背→肩甲骨が前方に引っ張られる→腕が前方に垂れる
→肩関節がぶつかる→炎症が起きる→かさぶた状態
→固まる(癒着)

原因から考えられる必要なセルフストレッチやセルフマッサージはどこ?

◎腕の筋肉の使いすぎ ————————
・母指球筋

・腕橈骨筋

 

◎胸の筋肉が縮こまっている ————————
・小胸筋

 

◎肩甲骨の運動不足 ————————
・広背筋

・肩甲下筋

 

※※注意点※※

・セルフストレッチ動作・セルフマッサージが
 痛いときには無理にストレッチをしない。
・伸ばしていく過程で痛くなることがある。
 そのときは一旦3~5日休ませる。
 熱感・痛みが引いたら、
 またストレッチを再開する。

最後に

□初めての四十肩・五十肩で対処法が分からない…
□四十肩・五十肩で病院・治療院に行ったが、あまり改善しない…
□四十肩・五十肩はいつの間にか治ると聞いていたけど、2年近く長引いている…

このような状態でお困りの方は、
一度お気軽にご相談ください。

このHPにあるお問い合わせフォームか、
下のLINEよりお問い合わせくださいね。
  ↓↓
公式LINEよりお問い合わせ