「妊活」にイイことは?

妊活・不妊鍼灸を受ける【おすすめのタイミング】

なぜ、妊活・不妊鍼灸を受ける【おすすめのタイミング】をお伝えするのか?

妊活・不妊鍼灸を受けることを検討中の方へ。

これまでにうまく妊娠した方のカルテを
すべて見返してみると、
月経期・卵胞期・排卵前・着床期・黄体期
各周期毎(月4~5回ほどのペース)で
受けられると一番良いです。

とは言え、ご予定・ご都合あるかと思います。
そこで、少しでも早く妊娠できるように、
妊活・不妊鍼灸を受ける際に、ここだけは
押さえておいていただきたい
【おすすめのタイミング】
を知っておいていただきたらと思います。

これが分かるとご自身でも通院計画が
立てやすいですし、納得して通院できます。

妊娠するのに理想的な月経周期

まず基本的なことですが、
妊娠するのに理想的な月経周期について。

・月経周期2538日 ※変動は6日以内
・出血日数
・低温期と高温期の体温差は0.30.5
・低温期と高温期の移行は日以内
・高温期は10日以上 ※17日以上で妊娠

これが理想的な月経周期の目安です。

それでは、
「妊娠に向けて各生理周期が
 どういった時期なのか?」

そして、
「妊活・不妊鍼灸を受ける
 【おすすめのタイミング】
 と、なぜその時期なのか?」
を解説していきます。

妊娠に向けて各生理周期が持つ意味。妊活・不妊鍼灸を受ける【おすすめのタイミング】

タイミング・人工授精の場合「妊娠に向けて各生理周期がどういった時期なのか?」

月経期:着床が起こらなかった子宮内膜が
    排卵から約2週間で剥がれ落ちて
    また次の月経周期が始まる時期。

    子宮内の血液を体外にきれいに
    排出させないと、ヲ血(血の滞り)の
    原因に。メリハリのある月経を
    目指します。

卵胞期(低温期):女性ホルモンの分泌により、
         卵巣内の卵が成長していきます。
         また子宮内膜も厚くなってきます。

         質の良い卵子が育つためには、
         ホルモン分泌を促進させ、
         卵巣・卵子に十分な栄養が
         行き渡る必要があります。

         そのため、この時期に施術での
         体調管理は重要になります。

排卵前:卵子がさらに成長し、排卵された卵が
    卵管采にてピックアップされます。
    さらに子宮頸管の粘液はサラサラになり、
    精子がその中を泳いでいきやすいように
    なります。
    
    体温も低温期から高温期に移行します。
    もしご夫婦のタイミングをとるなら、
    最も妊娠率が高いのは排卵2日前
    なります。

    今月に排卵される卵子は約6ヵ月前
    から成長し、10個前後の卵子の中
    から1つだけが排卵を迎えます。
    ここまでの積み重ねが活かされるように、
    体温をスムーズに移行させます。

    うまく排卵できるようにこの時期の
    施術も重要です。

着床期:子宮内膜をさらに充実させ、
    着床しやすい状態を作る
   (タイミングor人工授精を行った日の
    5日~1週間後に着床しやすいと
    言われている)

    着床前の施術は重要です。着床力を
    上げるために内膜の血流を良くして
    おきます。

黄体期(高温期):黄体ホルモンを十分に分泌
         させ高温期を継続させる時期。

         黄体期は気分が落ち込み、
         イライラします。
         黄体ホルモンが活発に働いて
         受精卵を育てようとしているため、
         水分をため込みやすく、食欲が増し
         太りやすいです。
  
         ホルモン分泌は促進させつつ、
         ストレスケアも重要になって
         きます。

妊活・不妊鍼灸を受ける【おすすめのタイミング】タイミング・人工授精の場合

月経期     〇
卵胞期(低温期)
排卵前     
着床期     
黄体期(高温期)〇

 ※重要な施術タイミング

体外受精・顕微授精の場合「妊娠に向けて各生理周期がどういった時期なのか?」

まずは、体外受精・顕微授精の
「全体の流れ」から。

卵巣刺激
→採卵、採精
→体外受精 培養 
 顕微授精 培養※凍結
→胚移植 
→黄体ホルモン補充
→妊娠判定

月経中~採卵前:より良い卵が育つようにする
        時期。女性ホルモンの分泌に
        より、卵巣内の卵が成長して
        いきます。また子宮内膜も
        厚くなってきます。

        質の良い卵子を育つためには、
        ホルモン分泌を促進させ、
        卵巣・卵子に十分な栄養が行き
        渡る必要があります。

        そのため、この時期に施術での
        体調管理は重要になります。

着床期:子宮内膜をさらに充実させ、着床
    しやすい状態を作る。

    着床前の施術は重要です。
    着床力を上げるために
    内膜の血流を良くしておきます。

ちなみに、
どの卵を移植するかによって、
有効な鍼灸施術日が変わって
きます。

  4分割→受精卵移植から3日後(2日目胚)
  8分割→受精卵移植から2日後(3日目胚)
  胚盤胞→移植当日

黄体期(高温期):黄体ホルモンを十分に分泌
         させ高温期を継続させる時期。

         黄体期は気分が落ち込みやすい、
         イライラする。黄体ホルモンが
         活発に働いて受精卵を育てようと
         しているため水分をため込み
         やすく、食欲が増し太りやすい。
         
         ホルモン分泌を促進させつつ、
         ストレスケアも重要になって
         きます。

妊活・不妊鍼灸を受ける【おすすめのタイミング】体外受精・顕微授精の場合

月経期     〇
卵胞期(低温期)(頻度は多めに)
採卵前     〇
着床期(移植期)
黄体期(高温期)〇

 ※重要な施術タイミング

最後に

以上が、
「妊娠に向けて各生理周期が
 どういった時期なのか?」

そして、
「妊活・不妊鍼灸を受ける
【おすすめのタイミング】
 と、なぜその時期なのか?」
についてです。

妊活・不妊鍼灸を検討されている方は、
ご参考にされてみてください。

もちろん実際の通院ペースは、
あなたが信頼して通われている
鍼灸院の先生と相談しながら
決めてくださいね。

あなたの妊活がさらに一歩前に進みますように。

【私が妊活鍼灸に取り組む理由】はこちら