自律神経について

【自律神経についてさらに詳しく】①自律神経ってどんな神経?

「①自律神経ってどんな神経?」

私たちの身体は、
常に変化する外部環境に適応するために、
体温や血圧を維持しながら
身体の状態を一定に保とうとします。

これは意志に関わりなく行われており、
恒常性(ホメオスターシス)と言います。
この恒常性をコントロールするのが、
自律神経です。

自律神経は下記のように2つに分けられます。

自律神経 ― ①交感神経
      ②副交感神経

交感神経は「活動する神経」
副交感神経は「休む神経」

です。
言うなれば、
交感神経が働くと身体は「活動的、戦闘状態」になります。
副交感神経が働くと身体は「リラックス」します。

例えばどんな働きをするのかというと…

下の表は自律神経(交感神経・副交感神経)の働きの一部です。
内臓は全て自律神経の影響を受けて調節されます。

では、この自律神経を整えるには、どうしたら良いのでしょうか?
自律神経は体内時計の影響を受けるため、
ありきたりですが、日照時間に沿った
規則正しい生活が基本です。

当院ではご自宅でしていただく自律神経の
セルフケアお灸もお教えします。
体質からの改善にはセルフケアお灸(日々、継続してお灸をすること)は
とてもオススメです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

さらに詳しく知りたい方は、
こちらのページもお読みください。

「自律神経についてさらに詳しく」

①自律神経ってどんな神経?

自律神経の乱れが引き起こす症状とは?

なぜ自律神経に鍼灸が効くのか?根拠(研究について)

自律神経と「不妊」の関係性