自律神経について

【自律神経についてさらに詳しく】②自律神経の乱れが引き起こす症状とは?

②自律神経の乱れが引き起こす症状とは?

 

自律神経の乱れが引き起こす疾患

自律神経の乱れが引き起こす疾患として

 ・自律神経失調症

 ・更年期障害

 ・神経性胃炎

 ・過敏性腸症候群

 ・メニエール病

などが挙げられます。

 

「自律神経失調症」

特に代表的なものは、やはり

「自律神経失調症」。

 

これは、

過労やストレスが重なると疲弊し、自律神経(交感神経あるいは副交感神経)が過剰に

緊張することで出てくる症状。緊張とリラックスの切り替えがうまく出来なくなる

ため、情緒も不安定になる。そしてそれがまた自律神経の乱れを増悪します。

身体的ストレス精神的ストレスの他にも、体質性格生活リズムの乱れが原因に

挙げられます。

 

具体的には、

強い不安や緊張を感じると、動悸が起きる。」と言った具合です。

 

他にも、

肩こり、疲れやすい、倦怠感、集中力の低下、不眠、情緒不安定、イライラ、

不安、抑うつ症状、パニック症状、被害妄想、痛み(頭痛・筋肉痛・関節痛)、

微熱、発熱、味覚異常、食欲低下、過食、吐き気、便秘、下痢、

起立性頻脈(脈が速くなる)、

血圧異常(高血圧・低血圧)、立ちくらみ、起立性低血圧、失神、冷や汗、

めまい、耳鳴り、過呼吸

 

など、本当に多種多様な症状が挙げられます。

 

なぜ自律神経症状は多岐に渡るのでしょうか?

なぜこんなにも、症状が多岐に渡るのでしょうか?

 

それは、①「自律神経ってどんな神経?」で触れたように、

自律神経が全身に張り巡らされていることから来ています。

 

また、自律神経をコントロールしている中枢(基地)は

間脳にある「視床下部」になります。

 

この視床下部は自律神経・ホルモン・免疫系などを介して、

内臓の働きをコントロールしています。

 

そしてこの視床下部のすぐ上にあるのが、

情動脳とも言われる「大脳辺縁系」。

ここは、不安・恐怖・怒り・本能的欲求を

生じます。

 

不安やストレスを感じると、

大脳辺縁系を介して視床下部(自律神経をコントロールしている中枢)に

影響が及び、多種多様な症状が現れるのです。

 

 

いかがでしょうか?

あなたのお悩みの症状は先ほどの

たくさんの症状の中にありますでしょうか?

 

あれを見てみると様々な症状が、実は自律神経の乱れが整うことによって

改善してしまう可能性があることがよく分かります。

もちろん人の体は様々ですので、そんなに簡単なことばかかり

ではないですが、お体の悩みを解決するのに自律神経が考慮すべき

1つということは分かっていただけたのではないでしょうか。

 

参照: 医道の日本(2015年1月号)「自律神経症状への鍼灸マッサージ治療」

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
さらに詳しく知りたい方は、
こちらのページもお読みください

「自律神経についてさらに詳しく」

自律神経ってどんな神経?

②自律神経の乱れが引き起こす症状とは?

なぜ自律神経に鍼灸が効くのか?根拠(研究データ)

自律神経と「不妊」の関係性