身体のお悩みについて

初診時の症状:

今、生理にお悩みのあなたへ「知っておいてほしいこと」①

「『私、生理が38日で遅れがちなんです。』

こういった時に、

『大丈夫ですよ。生理周期は25~38日が正常なんですよ。』

と言って安心させてあげられる確かな知識を持った人になってください。」と

講師の先生がおっしゃったとき、

「たしかに、そうだよな。

自分たちにとって当たり前のことが

人にとってはそうではないということは、

よくあることだよな。」そう思いました。

 

 

先日「不妊治療の基礎」を学ぶ研修会に

行ってきました。

 

女性の身体の仕組みは非常に複雑です。

日々の臨床の中でも、その複雑さ繊細さ、

そして底知れぬパワーに圧倒されることが多々あります。

 

普段はより臨床的な学会に参加させていただいてますが、

今回は不妊治療の基礎をしっかり学び直すことが、

研修会のテーマでした。

 

先ほどの周期の話ですが、

実際のところは28日周期の人の方が

少ないです。

変動も6日以内なら

OKです。

出血持続日数も

3~7日が正常です。

 

 

生理痛でお困りの方も多いかと思いますので、

生理痛に関しても少し触れたいと思います。

 

生理痛の原因を2つ、ご存知でしょうか?

 

1つ目の原因としてよく聞くのは、

プロスタグランジン」という言葉ですよね。

子宮を収縮する働きがあり、

経血を身体の外に排出する役割があります。

これが過剰に分泌されることが生理痛の原因です。

 

だから普段から身体を温め血の巡りを良くしておくことで、

「プロスタグランジン」の過剰な分泌(=生理痛)を

軽減できます。

 

2つ目の原因。

これは、子宮と卵巣が直接は繋がっていないことが

ポイントとなります。

子宮から出る卵管は卵巣のそばにあります。

卵巣とは直接つながっていないため、

卵管は腹腔(身体の中)に開けっぴろげになっています。

 

ですから経血が逆流して、体外ではなく

体の中にこぼれ落ちることがあります。

そうするとこぼれ落ちた経血が炎症の素となり、

生理中の腰痛や便秘の原因となります。

 

なので、経血を滞らせずに、

スムーズに体外へ排出することが

重要になります。

 

それにはやはり「下腹部」や「」を

温めることがポイントになります。

なぜ「下腹部」なのかは想像がつきますよね?

直接的に子宮や卵巣の周りを温めて血の巡りを良くするからです。

 

では、「足」はなぜ?

 

これについてはまた次回解説したいと思います。

 

生理痛に対して鍼灸で何ができるのか、

ご興味のある方はこちらをどうぞ→「生理痛と鍼灸」こちらをクリック!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!