「妊活」にイイことは?

卵管造影検査はいつ受けるの?

実際のクライアントから頂いた【妊活で気になること】Q&A

Q:「卵管造影検査はいつ受けるの?」

A:「 受けるタイミングとしては、
  月経終了から10日目までの間
  になります。」

女性が不妊の検査を一通り受けるには、
約1ヶ月(通院回数は3〜4回)かかります。

今回はその中の検査の一つ、
「卵管造影検査」について
ご紹介します。

《検査の目的》

「卵管」に詰まりがないか調べるものです。
卵管とは、精子が卵子と出会うために
通過する管です。またそれらが受精卵となって
子宮まで戻ってくるための管でもあります。

造影剤を子宮内に注入して、レントゲン検査
(もしくは超音波検査)をします。

もし卵管に詰まりがなくしっかり通っていれば、
造影剤が子宮から卵管を通り、卵管采から
腹腔内に流れ出します。逆に詰まっていると、
造影剤は流れ出ることはありません。

検査することで詰まりがある程度解消するので、
検査自体に治療的な意味合いもあります。

《詰まりがひどい場合の治療法》

検査後はタイミングを計って妊娠を
目指しますが、詰まりがひどい場合は、
主な治療の選択肢は2つになります。

①手術「卵管鏡下卵管形成術」(FT)
 ※術後に再び自然妊娠を狙う
②ステップアップ「体外受精・顕微授精」
 ※年齢高めの世代はこちらの方がオススメ

《痛みを心配されている方へ》

たしかに痛みを感じることはありますが、
造影剤を注入後にレントゲンではなく
超音波で行う等、痛みを軽減する工夫を
どこの施設もされています。

痛みについては率直に不安があることを
医師の先生に伝えておくのも大切です。

怖さもあるかと思いますが、妊活する上では
重要な検査ですので、最初から体外受精・
顕微授精をする方以外は受けることを
オススメします。

最後に

以上が、
Q「卵管造影検査はいつ受けるの?」    
のお答えになります。
あなたの疑問は解決されましたでしょうか?

疑問がスッキリ解決し
ストレスが少しでも減って、
あなたの妊活がさらに一歩前に
進みますように。